スマホ代の見直しを考えましょう。

大手3社と、楽天モバイルさんの新料金プランが出そろいましたね。どのように選んだらいいでしょうか。

楽モバイル:圧倒的な安さが売りです。20ギガバイトですと、1,980円です。アプリ使用で通話も無料となります。気を付けたいことは、カバーエリアです。福島市は、1月からカバーされるようになりましたが、試してみるとエリアは狭いようです・・・。カバーされていないパートナーエリアでは、5ギガバイトまでとなっています。

DoCoMo ahamo:20ギガバイト2,980円。国内通話5分以内無料かけ放題となっています。国内でもカバーエリアが広いですが、海外もカバーしているところが特徴的です。気を付けたいところは、通話ですね。5分経過しますと30秒20円かかります。別途、オプションでかけ放題1,000円をつけることができます。

Softbank on LINE:20ギガバイト2,980円、国内通話5分無料かけ放題となっております。特徴的な事は、LINEが使い放題ということです。普段は、LINEを多く使用している方には、こちらがお勧めですね。通常の通話は、5分経過しますと30秒20円かかります。別途、オプションでかけ放題1,000円をつけることができます。

KDDI povo:20ギガバイト2,480円とDoCoMo ahamoやSoftbank on LINEと比べますと、500円ほど、安くなっていることが特徴です。ただし、国内通話は、30秒20円とすべて有料となっております。こちらも普段は、オンラインサービスを使って連絡をとっている方には、魅力的な料金体系となっております。

大きな変更点と言えば、各社キャリアメールが使用できなくなることです。普段、キャリアメールを使用している方は、Gメールなどのフリーメールの取得を検討してください。

大変そうなところが、契約の仕方です。楽天モバイルは、店頭受付可能ですが。大手3社は、オンライン受付のみとなっております。

今後、格安スマホ会社が新料金を発表するようです。そちらを確認してからの乗り換えでもよさそうですね。

*2021年1月末の情報に基づいております。今後、変更点もでてくるかと思いますので、契約の際は各社で確認をお願いいたします。