9月28日(土)福島FPSG勉強会 一般参加可能

夏も終わり秋の虫の声も聞こえるようになってきましたね。
秋といえば、食欲の秋!学びの秋!

世界経済に関心がある、資産運用を行っている、アメリカは!韓国は!など、世界の経済動向に興味のある方へ勉強会のお誘いです。
講師は、馬渕治好先生。難しい経済を楽しい話に変えてしまう話術を、ぜひご堪能ください。

【 福島FPSG勉強会 】
〇日時:9月28日(土)15:30~17:30 二時間 (開場15:15)
〇場所:チェンバ大町3F(福島駅から徒歩7分)住所:福島市大町4-15
〇参加費:当SG会員は無料、一般参加者は2,000円
〇テーマ:『2020年にかけての、世界経済・市場動向 ~混迷の先行きは?』
〇講座概要:米トランプ政権の保護主義的な通商政策、英国のEU離脱の行方、日本を含む各主要国の景気の先行きなど、世界の経済や市場の環境には、不透明感が台頭している。 こうしたなか、2020年にかけての、世界の経済動向、市場の先行きを、わかりやすく 概観する。
*福島FPSG勉強会について、ファイナンシャル・プランナーの勉強会です。今回は、特別ゲストをお呼びしておりますので、一般の方も参加可能です。FPの方は、日本FP協:金融2単位が付与されます。

【講師プロフィール】(2018年度 日本FP協会福島支部継続研修会講師)
馬渕治好(まぶちはるよし)様  ブーケ・ド・フルーレット代表
□ 主な職歴:
 1981年に(旧)日興証券入社。
 ほとんどの期間、日興グループ各社の調査関連諸部門を歴任。
 2009年1月より、独立した形で経済・市場分析業務を営んでいる。
 米国 SGH Macro Advisors 社社外アドバイザー。
□ 種々の活動:
 日本経済新聞夕刊のコラム「十字路」の執筆陣のひとり。テレビ、ラジオ、電子ニュース等への登場は、数多い。官公庁、諸団体が主催するセミナーでの講演や、諸大学の公開講座での講義など、講演活動も活発に行なっている。
 著書は、「株への投資力を鍛える」(2006年、東洋経済新報社)、「時事問題とマーケットの深い関係」(2015年、金融財政事情研究会)、「勝率9割の投資セオリーは存在するか」(2016年、東洋経済新報社)、「投資の鉄人」(2017年、日本経済新聞出版社、共著)。「投資のプロはこうして先を読む」(2018年、日本経済新聞出版社)。
□ 資格等:CFA協会認定証券アナリスト(CFA、Chartered Financial Analyst)

お申し込みは、準備の都合がありますので、9月24 日(火)までにご連絡願います。
連絡先:福島FPSG 丹治 ✉ fp.kenkichikenkichigmail☆gmail.com(☆を@に変更して下さい)
勉強会参加希望の方は、氏名・連絡先・懇親会参加の有無をご連絡ください。
◇17:30から、講師を交えての懇親会もございます。 参加費4,000 円程度予定 ◇

皆様からのお申込みをお待ちしております。