教育費の貯め方

教育費の貯め方

教育費の貯め時は、いつでしょうか?

中学生までです。

 

児童手当は、生活費で使用せずに、『すべて貯めて』いきましょう。

毎月1万円をコツコツ貯めることで準備できます(^^♪

高校までの教育費は、普段の生活費でやりくりしていきます。

貯める必要があるものは、高校卒業後進学させたい場合のみです。

今のお子さんは、留学が当たり前となるかも・・・と言われております。

しっかり貯めていきましょう。